辰巳開発グループ

TATSUMI 38th

メニュー

ごあいさつ

第37期のごあいさつ

熊本地震でお亡くなりになられた方々に 心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された方々には謹んでお見舞い申し上げます


辰巳開発株式会社 代表取締役 今村 重記 

 弊社は、温かく見守って頂きますお客様、関係各位のご支援ご協力、そして社員の頑張りのお陰で37期を迎えることが出来ました。深く感謝申し上げます。

 先日、ゴールデンウィークの休日を利用して再び東北地方に出掛けてみました。震災直後に比べますと、さすがに瓦礫は無くなっていましたが、柱だけが残った家がまだ何軒も点在しております。大型ダンプが列をなして走っていますが、真の復興はまだまだ先だなという印象を強く受けました。

 また、今年に入り熊本地震がありました。行って来ましたが、熊本城は無残な姿をさらしていましたし、益城町周辺は車の通行もままならない惨状でした。住宅業界の一員としては、大変ショックを受けました。一日も早い復興を願うばかりですが、相当の期間を要すると思います。

 さて、もうすぐリオデジャネイロでオリンピック、パラリンピックが開催されます。日本選手の活躍を大いに期待すると共に、観戦を楽しみたいと思います。2020年の東京に繋がることを願っています。

 2020年に弊社は、40周年を迎えます。40周年までに組織も社員も、もっと努力して真の力を付けねばと思っています。

 今年度もグループ各社、社員一丸となり、地域に必要とされる開発会社をそしてお客様に必要とされる住宅会社を目指して、誠実に努力して参ります。

 本年度も皆様のご支援、ご協力を宜しくお願い致します。

平成28年8月1日
辰巳開発グループ代表
辰巳開発株式会社
代表取締役 今村 重記